投稿日:

葉酸サプリの天然と合成の違いについて

葉酸サプリを選ぶ上で大切なこと、それは葉酸が天然か合成かという問題です。
イメージ的に天然のほうが効果がありそう?安全そう?と思われて人気ですが、実は合成葉酸を選んだほうがいい理由があるんです。

天然・合成・酵母葉酸それぞれの特徴

葉酸には合成と天然、そして最近注目の酵母葉酸というタイプがあります。それぞれどう違うのか、特徴を見てみましょう。

天然葉酸とは食べ物からとれた葉酸

天然葉酸とは、野菜などから取り出された葉酸の事でポリグルタミン酸型葉酸と呼ばれます。生体利用効率、つまり吸収率は50%前後であり、吸収されにくいタイプの葉酸です。

分解されることで合成葉酸と同じモノグルタミン酸型葉酸に変化し、体に吸収されやすくなります。

天然由来の葉酸でも、モノグルタミン酸まで分解してサプリメント化している場合もあります。モノグルタミン酸化していれば合成葉酸と同じ吸収率で摂取できるので、成分表示をチェックしてみましょう。

合成葉酸とは化学合成された葉酸

合成葉酸はモノグルタミン酸型葉酸という種類で、生体利用率85%の吸収されやすい葉酸です。

国の厚生労働省が「妊婦さんは葉酸を摂取してください」という旨の発表をした有名な話がありますよね。実は厚生労働省はこのモノグルタミン酸を想定して1日の葉酸摂取量400μgを決めているんです。

つまり国からのお墨付きをもらっているのは合成葉酸のほうだったんですね。合成なので材料が安く済み、価格が安い事も嬉しいですね。

天然だけど合成?酵母葉酸とは

合成葉酸を酵母に食べさせることで栄養価をアップさせたのが葉酸含有酵母、酵母葉酸など呼ばれるものです。

これは「天然の酵母葉酸」などと呼ばれる事もありますが、この天然とは酵母が天然だという意味です。合成のモノグルタミン酸型葉酸を食べさせているので吸収もよく、酵母の力で栄養価も高いのが特徴です。もっともオススメしたいタイプの葉酸ですね。

選ぶなら合成葉酸か酵母葉酸がオススメ

天然葉酸のポリグルタミン酸は吸収率が悪く、せっかくサプリメントを飲んでも効果が薄い場合があります。

特に葉酸の不足は赤ちゃんの発育に影響するため、イメージで選ぶのは避けたほうがいいかも知れません。天然由来でも、モノグルタミン酸の段階まで分解されているものを選びましょう。

あれこれ迷っているなら、値段も安く吸収率も良く、厚生労働省も勧めている合成葉酸のモノグルタミン酸を選ぶのが無難ですね。

さらに栄養価を強化した葉酸含有酵母だともっと良いですね。葉酸の吸収をより高めてくれるという説もあります。イメージに惑わされず、より効果的な葉酸を選ぶようにしましょう!

投稿日:

葉酸サプリを選ぶ際の基準って?

葉酸は国の厚生労働省も摂取を勧めている栄養素です。効率的に摂取できる葉酸サプリメントがたくさん売られていますよね。

種類が多すぎて「一体どれを選んだらいいの?」と困ってしまいます。一番最初に浮かぶのは効果と安全性が高いのはどれか?という事ではないでしょうか。

合成葉酸と天然葉酸では効果に違いはあるの?添加物は避けたほうが安全?選ぶ基準と疑問への回答をまとめてみました。

葉酸サプリの基準1:合成と天然はどっちが効果的?

葉酸には天然と合成、ふたつの種類があります。イメージ的に天然のほうが人気ですが、実は厚生労働省が推奨した葉酸は合成のものなんです。天然と比べ、合成のほうがずっと吸収が良いことが理由のひとつなんですね。

できれば吸収のいい合成の葉酸か、合成葉酸の栄養価を高めるために酵母に食べさせて生成した天然型酵母葉酸のサプリメントを選ぶのがベストでしょう。

葉酸サプリの基準2:無添加は本当に安全?

無添加と言われていても、実は安心できない部分があります。無添加という表記に法律的な決まりは無く「(防腐剤は)無添加です!(でも着色料は入ってる)」というふうに表記できてしまうため、無添加だから・・・と選ぶのはオススメできません。

葉酸などの成分を錠剤の形にする時点で、添加物はある程度必要になります。粘りを強くしたり、コーティングしたり、添加物があるから錠剤の形で葉酸を摂取できるんですね。添加物を全く使わないと錠剤の形に固めるのがかなり大変になります。

そして添加物といっても、元はデンプンだったり麦芽糖だったり、たとえ天然の物でも形を整えたり保存を良くするために入れるものは添加物扱いです。

添加物にはそれほど神経質にならず、不要な香料・着色料・甘味料などが入っているものを避ければ問題ないでしょう。

葉酸サプリの基準3:葉酸以外の成分で選ぶ

葉酸サプリと言っても、葉酸以外の成分もいろいろ配合されています。ビタミン・鉄・カルシウム・亜鉛など妊娠に大事な成分が多いものもあれば、プラセンタ・ヒアルロン酸・コラーゲンなど、美容によい成分が配合されているものもあります。

飲む目的を考えて、その他の成分が目的にマッチしているか?考えて選んでもいいですね。妊娠中の人は妊婦さん用に調合されたサプリメントを選べば、一度に必要な栄養素を摂取できるのでオススメです。

葉酸サプリはイメージで選ぶより効果で選ぼう

葉酸サプリは合成のもののほうが吸収が良く、添加物も天然由来のものが多かったりするんですね。パッケージやイメージではなく、成分で選ぶと良いでしょう。合成葉酸で添加物が入っていても、実はそれが有効な場合もあるんですね。

投稿日:

葉酸サプリってどこのメーカーのも一緒なの?

妊活中のひとやプレママへ、厚生労働省が摂取を勧めたことで一気に話題になった葉酸ですが、たくさんの種類のサプリメントが発売されています。いっぱいあるけど、どれも一緒じゃないの?と思ったひとも多いのではないでしょうか。

実は葉酸そのものにも合成と天然のものがあり、葉酸のほかに配合されている成分にもそれぞれ違いがあるんです。

天然と合成の葉酸の違い

サプリメントに配合されている葉酸は、実は天然のものと合成のものがあります。イメージとしては天然のほうが安心安全でとても効果がありそうですが、一概にそうとも言えません。

そうと言うのも、厚生労働省が「妊婦さんは1日400μg葉酸を摂取しましょう!」と言ったのは、実は合成の葉酸のことなんです。

天然葉酸はポリグルタミン酸型と呼ばれ、人間の小腸でモノグルタミン酸型という形に分解されてから吸収されます。対して合成の葉酸は最初からモノグルタミン酸型のため、吸収率が高いのがメリットです。

数字にして、天然葉酸のポリグルタミン酸型は平均して50%程度、一方合成のモノグルタミン酸型は85%ほどの高吸収と言われています。実はイメージで選ばず、お手頃価格の合成葉酸のほうが吸収率で見れば効果的なんですね。

葉酸以外でも差別化!

葉酸以外でも、それぞれのサプリメントごと差別化を図っています。

  • 美容型・・・プラセンタ・コラーゲンなどの美容成分を配合
  • 便秘対策型・・・乳酸菌や野菜、食物繊維配合で妊娠期の便秘に対応
  • 安全性保証型・・・GMP認定の工場で作られたサプリメント
  • 飲みやすさへの工夫・・・一粒の大きさを小さくする・チュアブルにするなど
  • お買い得さに違い・・・まとめ買い、定期購入で価格が違ってくる

葉酸サプリメントは、葉酸以外の栄養素も配合されています。鉄・マグネシウム・ビタミンC・ビタミンB群はかなりのサプリメントに共通して含まれていますが、それ以外の成分を独自に配合している製品もあります。

中でも美容にいい成分のプラセンタやコラーゲンなどを配合して、妊娠中に荒れがちな肌をケアしてくれる美容型の葉酸サプリメントがあります。美容に気を使うママさんたちにはとても嬉しいですね。

あと、妊娠中にありがちな便秘対策成分を入れているサプリメントもあります。乳酸菌や食物繊維などで腸内の善玉菌が増え、おなかがすっきりするメカニズムです。

さらに国際基準に合格することで、安全性を保証しているサプリメントもあります。「GMP」とは医薬品などを作る工場の製造管理・品質管理の基準で、WHOが定めたものです。GMP認定工場で作られているということは、安心安全なものの証明ということですね。

また妊娠中の女性が飲むことを考え、つわり中でも楽に飲めるよう粒を小さくしたり、水なしで噛んで食べられるチュアブルタイプに加工した葉酸サプリメントも出ています。つわりが重かったり、錠剤を飲み込むのが苦手なひとにも優しいですね。

よいサプリメントを選ぶことも大切ですが、まずは続けなくては意味がありません。続けるためにはお得に買えることがとても大切なので、まとめ買いや定期購入を契約すると安くなるサプリメントも注目です。

長く飲み続けるものなので、1パッケージの定価で考えず、迷ったら半年や1年分の価格で比較するといいでしょう。同じに見えてそれぞれ特色があるんですね。選ぶ時は自分の悩みや希望に合ったサプリメントを選びましょう。

投稿日:

妊活時に葉酸以外で摂取した方がいい栄養素

赤ちゃんがほしい!と思ったとき、まずは妊娠しやすい体づくりからはじめる必要があります。女性ホルモンのバランスが良く、血のめぐりと代謝のいい体が妊娠しやすいと言われています。

妊活サプリメントの代表選手といえばまずは葉酸ですよね。葉酸は血のめぐりを良くし、代謝を高め、子宮周辺の働きを活発化させることでホルモンの分泌を助けます。さらに生まれてくる赤ちゃんの奇形や、化学流産を防いでくれる作用もあります。

これは細胞分裂の時、設計図であるDNAのコピーエラーを防ぐ作用が葉酸にあるからだと言われています。細胞分裂を助ける効果は女性だけでなく、男性が精子を作る作用も高めるとされていて、夫婦で一緒に葉酸を摂取すると妊娠の確率が上がった、というデータもあるそうです。

さらにその葉酸と一緒に妊娠力を高めてくれる栄養素はまだまだあります。よく「現代人に不足しがち」と言われるのが亜鉛です。亜鉛は女性ホルモンの分泌を促すので、生理や排卵などのサイクルを整えて妊娠力を高めてくれます。細胞分裂になくてはならない栄養素なので、赤ちゃんを授かったあとも大切な栄養素と言えますね。

カルシウムもからだづくりのために大切な栄養素です。妊娠した場合、お母さんの骨からは赤ちゃんの体を育てるために大量のカルシウムが奪われていきます。今のうちからカルシウムを骨にたくさん蓄えることで、妊娠に耐えられる体づくりができますね。

一緒にマグネシウムをとることでよりカルシウムの働きが活発になります。ビタミンCも一緒にとると、亜鉛もカルシウムも吸収がよくなるとも言われています。

いろいろな栄養素を網羅しているサプリメントなら、マカのサプリメントも有効です。マカには女性ホルモンに似た働きをする物質、植物性エストロゲンが含まれているのでホルモンバランスを整える効果が期待できます。

さらにマカに含まれているアルギニンもホルモンバランスを整える作用があり、妊娠しやすい体づくりにはもってこいのサプリメントです。

あと最近話題のチアシードも妊活に良いことがわかっています。オメガ3系脂肪酸やビタミンEなど、女性ホルモンの生成を助ける栄養素が豊富で妊娠力を高める食べ物と言われています。

水を入れるとゼリー状に膨らむので、ダイエット用の食材として有名ですよね。妊娠のためには適正体重まで脂肪を落とす必要があるので、そのためにもチアシードは効果的ですね。ヨーグルトなどに入れて毎日の食事に取り入れてみましょう。

栄養素も大切ですが、女性ホルモンの大敵はストレスと言われています。ストレスをためないよう、睡眠、適度な運動、ゆっくりお風呂に入るなどの対策が重要だったりします。

特に適度な運動は女性ホルモンの分泌や活発な血流も促すので、ぜひ取り入れたい習慣です。ウォーキングやラジオ体操など、1日20〜30分の有酸素運動をすることが妊娠力を高める事につながります。栄養と生活習慣両面から体をいたわり、妊活を乗り越えましょう!