葉酸サプリを選ぶ上で大切なこと、それは葉酸が天然か合成かという問題です。
イメージ的に天然のほうが効果がありそう?安全そう?と思われて人気ですが、実は合成葉酸を選んだほうがいい理由があるんです。

天然・合成・酵母葉酸それぞれの特徴

葉酸には合成と天然、そして最近注目の酵母葉酸というタイプがあります。それぞれどう違うのか、特徴を見てみましょう。

天然葉酸とは食べ物からとれた葉酸

天然葉酸とは、野菜などから取り出された葉酸の事でポリグルタミン酸型葉酸と呼ばれます。生体利用効率、つまり吸収率は50%前後であり、吸収されにくいタイプの葉酸です。

分解されることで合成葉酸と同じモノグルタミン酸型葉酸に変化し、体に吸収されやすくなります。

天然由来の葉酸でも、モノグルタミン酸まで分解してサプリメント化している場合もあります。モノグルタミン酸化していれば合成葉酸と同じ吸収率で摂取できるので、成分表示をチェックしてみましょう。

合成葉酸とは化学合成された葉酸

合成葉酸はモノグルタミン酸型葉酸という種類で、生体利用率85%の吸収されやすい葉酸です。

国の厚生労働省が「妊婦さんは葉酸を摂取してください」という旨の発表をした有名な話がありますよね。実は厚生労働省はこのモノグルタミン酸を想定して1日の葉酸摂取量400μgを決めているんです。

つまり国からのお墨付きをもらっているのは合成葉酸のほうだったんですね。合成なので材料が安く済み、価格が安い事も嬉しいですね。

天然だけど合成?酵母葉酸とは

合成葉酸を酵母に食べさせることで栄養価をアップさせたのが葉酸含有酵母、酵母葉酸など呼ばれるものです。

これは「天然の酵母葉酸」などと呼ばれる事もありますが、この天然とは酵母が天然だという意味です。合成のモノグルタミン酸型葉酸を食べさせているので吸収もよく、酵母の力で栄養価も高いのが特徴です。もっともオススメしたいタイプの葉酸ですね。

選ぶなら合成葉酸か酵母葉酸がオススメ

天然葉酸のポリグルタミン酸は吸収率が悪く、せっかくサプリメントを飲んでも効果が薄い場合があります。

特に葉酸の不足は赤ちゃんの発育に影響するため、イメージで選ぶのは避けたほうがいいかも知れません。天然由来でも、モノグルタミン酸の段階まで分解されているものを選びましょう。

あれこれ迷っているなら、値段も安く吸収率も良く、厚生労働省も勧めている合成葉酸のモノグルタミン酸を選ぶのが無難ですね。

さらに栄養価を強化した葉酸含有酵母だともっと良いですね。葉酸の吸収をより高めてくれるという説もあります。イメージに惑わされず、より効果的な葉酸を選ぶようにしましょう!