赤ちゃんがほしい!と思ったとき、まずは妊娠しやすい体づくりからはじめる必要があります。女性ホルモンのバランスが良く、血のめぐりと代謝のいい体が妊娠しやすいと言われています。

妊活サプリメントの代表選手といえばまずは葉酸ですよね。葉酸は血のめぐりを良くし、代謝を高め、子宮周辺の働きを活発化させることでホルモンの分泌を助けます。さらに生まれてくる赤ちゃんの奇形や、化学流産を防いでくれる作用もあります。

これは細胞分裂の時、設計図であるDNAのコピーエラーを防ぐ作用が葉酸にあるからだと言われています。細胞分裂を助ける効果は女性だけでなく、男性が精子を作る作用も高めるとされていて、夫婦で一緒に葉酸を摂取すると妊娠の確率が上がった、というデータもあるそうです。

さらにその葉酸と一緒に妊娠力を高めてくれる栄養素はまだまだあります。よく「現代人に不足しがち」と言われるのが亜鉛です。亜鉛は女性ホルモンの分泌を促すので、生理や排卵などのサイクルを整えて妊娠力を高めてくれます。細胞分裂になくてはならない栄養素なので、赤ちゃんを授かったあとも大切な栄養素と言えますね。

カルシウムもからだづくりのために大切な栄養素です。妊娠した場合、お母さんの骨からは赤ちゃんの体を育てるために大量のカルシウムが奪われていきます。今のうちからカルシウムを骨にたくさん蓄えることで、妊娠に耐えられる体づくりができますね。

一緒にマグネシウムをとることでよりカルシウムの働きが活発になります。ビタミンCも一緒にとると、亜鉛もカルシウムも吸収がよくなるとも言われています。

いろいろな栄養素を網羅しているサプリメントなら、マカのサプリメントも有効です。マカには女性ホルモンに似た働きをする物質、植物性エストロゲンが含まれているのでホルモンバランスを整える効果が期待できます。

さらにマカに含まれているアルギニンもホルモンバランスを整える作用があり、妊娠しやすい体づくりにはもってこいのサプリメントです。

あと最近話題のチアシードも妊活に良いことがわかっています。オメガ3系脂肪酸やビタミンEなど、女性ホルモンの生成を助ける栄養素が豊富で妊娠力を高める食べ物と言われています。

水を入れるとゼリー状に膨らむので、ダイエット用の食材として有名ですよね。妊娠のためには適正体重まで脂肪を落とす必要があるので、そのためにもチアシードは効果的ですね。ヨーグルトなどに入れて毎日の食事に取り入れてみましょう。

栄養素も大切ですが、女性ホルモンの大敵はストレスと言われています。ストレスをためないよう、睡眠、適度な運動、ゆっくりお風呂に入るなどの対策が重要だったりします。

特に適度な運動は女性ホルモンの分泌や活発な血流も促すので、ぜひ取り入れたい習慣です。ウォーキングやラジオ体操など、1日20〜30分の有酸素運動をすることが妊娠力を高める事につながります。栄養と生活習慣両面から体をいたわり、妊活を乗り越えましょう!