妊活中のひとやプレママへ、厚生労働省が摂取を勧めたことで一気に話題になった葉酸ですが、たくさんの種類のサプリメントが発売されています。いっぱいあるけど、どれも一緒じゃないの?と思ったひとも多いのではないでしょうか。

実は葉酸そのものにも合成と天然のものがあり、葉酸のほかに配合されている成分にもそれぞれ違いがあるんです。

天然と合成の葉酸の違い

サプリメントに配合されている葉酸は、実は天然のものと合成のものがあります。イメージとしては天然のほうが安心安全でとても効果がありそうですが、一概にそうとも言えません。

そうと言うのも、厚生労働省が「妊婦さんは1日400μg葉酸を摂取しましょう!」と言ったのは、実は合成の葉酸のことなんです。

天然葉酸はポリグルタミン酸型と呼ばれ、人間の小腸でモノグルタミン酸型という形に分解されてから吸収されます。対して合成の葉酸は最初からモノグルタミン酸型のため、吸収率が高いのがメリットです。

数字にして、天然葉酸のポリグルタミン酸型は平均して50%程度、一方合成のモノグルタミン酸型は85%ほどの高吸収と言われています。実はイメージで選ばず、お手頃価格の合成葉酸のほうが吸収率で見れば効果的なんですね。

葉酸以外でも差別化!

葉酸以外でも、それぞれのサプリメントごと差別化を図っています。

  • 美容型・・・プラセンタ・コラーゲンなどの美容成分を配合
  • 便秘対策型・・・乳酸菌や野菜、食物繊維配合で妊娠期の便秘に対応
  • 安全性保証型・・・GMP認定の工場で作られたサプリメント
  • 飲みやすさへの工夫・・・一粒の大きさを小さくする・チュアブルにするなど
  • お買い得さに違い・・・まとめ買い、定期購入で価格が違ってくる

葉酸サプリメントは、葉酸以外の栄養素も配合されています。鉄・マグネシウム・ビタミンC・ビタミンB群はかなりのサプリメントに共通して含まれていますが、それ以外の成分を独自に配合している製品もあります。

中でも美容にいい成分のプラセンタやコラーゲンなどを配合して、妊娠中に荒れがちな肌をケアしてくれる美容型の葉酸サプリメントがあります。美容に気を使うママさんたちにはとても嬉しいですね。

あと、妊娠中にありがちな便秘対策成分を入れているサプリメントもあります。乳酸菌や食物繊維などで腸内の善玉菌が増え、おなかがすっきりするメカニズムです。

さらに国際基準に合格することで、安全性を保証しているサプリメントもあります。「GMP」とは医薬品などを作る工場の製造管理・品質管理の基準で、WHOが定めたものです。GMP認定工場で作られているということは、安心安全なものの証明ということですね。

また妊娠中の女性が飲むことを考え、つわり中でも楽に飲めるよう粒を小さくしたり、水なしで噛んで食べられるチュアブルタイプに加工した葉酸サプリメントも出ています。つわりが重かったり、錠剤を飲み込むのが苦手なひとにも優しいですね。

よいサプリメントを選ぶことも大切ですが、まずは続けなくては意味がありません。続けるためにはお得に買えることがとても大切なので、まとめ買いや定期購入を契約すると安くなるサプリメントも注目です。

長く飲み続けるものなので、1パッケージの定価で考えず、迷ったら半年や1年分の価格で比較するといいでしょう。同じに見えてそれぞれ特色があるんですね。選ぶ時は自分の悩みや希望に合ったサプリメントを選びましょう。